秋深しブログ名には天の句を

夏井いつき先生、プレバト、PVL、脳性まひのことなど書いています。一番下のPC版をクリックするとカテゴリー別の記事を見ることができます。

早々のブログお引っ越し

 

はてなのデザイン、PCの方はかなりかわいくて気に入っていたのですが、ライブドアブログにお引っ越しします。

ちょっと過去記事が見にくいかもしれません。

こちらもしばらくは残していますが、新しい記事はこちらにはアップしません。

よろしくお願いいたします!

 

aoumiyao.livedoor.blog

発表前の自句予想

 

 

○その後の結果○

「数だけ投句」

無月→並選

残暑→地、人選

無花果→人選3句

「納得投句」

胃→金曜日

月光、江鮭、渋取、→没

色鳥→人選1句

秋刀魚→人選3句

胡麻→大賞

 

数だけも納得も、どちらもいただいた選に幅あり。

自分の手応えはまだまだあてになりません。

というかこの間の結果良すぎて驚きますね…

 

 

○今後の予想○

・俳句ポスト365

胡桃→16句投句、いまいちの出来

炬燵→27句投句、気に入っている句あり

重ね着→30句以上投句、気に入っている句あり

※炬燵、重ね着、気に入ってるけどふざけすぎています。

 

・一句一遊

菊水虫→3句投句、どれも納得の出来

初時雨→6句投句、いまいちの出来

産→7句投句、気に入っている句あり

目貼→4句投句、気に入っている句あり

 

・俳句生活 

新米→20句投句、いまいちの句も多いけど、気に入っている句あり

 

という感じです。

菊水虫の月火と発表を終えて、納得の出来とあえて書いていますが…。

どうでしょう。

まだまだ自選する力がないので、このような形で自句予想をしてみます。

 

母と私と娘と

下は女の子なんで、おむつ替えやら風呂やらねかしつけやらしながら、私はこういう風に育てられたのか、としみじみ思います。

上の子のときは必死が強すぎてあんまりしみじみしなかったな。

でも、私の母は、私が8ヶ月くらいから職場復帰をしないといけなくて乳幼児期の子どもの記憶はあまりないと言ってます。大変でしたねえ、と当時の母をいたわってあげたい。私より10歳くらい年下で仕事も子育てをしてたんやな、偉いなあ。

 

青嵐俳壇、10月結果

 

愛媛新聞で毎週金曜日に掲載されている青嵐俳壇。

https://www.ehime-np.co.jp/online/hiroba/toukou/haidan/

高校生や大学生とともに投句できる貴重なコーナーです。

毎週、三句投句しています。

 

 

初めての人選!嬉しいです。

天、地にもいつかは、と、思いますが、まずは毎週掲載を目指したいです。

 

雑詠投句先が増えて、どこにどの句を投句するかとても悩ましいです。句作より選句に時間がかかるような気がします…

でも、できた句を眺める回数が増えて、自分なりに推敲することが増えてきたように思います。

 

↓これまでの結果まとめ

7月4週目〜10月、計14回

神野先生選…人選1、入選6

森川先生選…入選3、嵐を呼ぶ一句1、没3

うまれた日のこと②

オペは全身麻酔ではなかったので、いろいろ記憶に残っています。

 

兼題「無月」で没になった句のダイジェスト。

(仮名遣いはかなりあやふや…)

 

オペ終ふる手にのせられし子や無月

オペ終えし手の上の子や無月の夜

取り出され息をせぬ子や無月の夜

泣けと言ひ胸を押す医者無月の夜

 

産まれてきたけど姿が見えない子を無月に託し全没でした。

文章にするとなるとかなり気合い入れないといけないのですが、この4句でけっこう伝わるんじゃないかと思っています。

 

子は35週、1800gで産まれました。

週数の割にとても小さかったです。

 

 

ほかに残っている記憶

○手術室が近未来みたいな無機質さ&綺麗さだった

○お腹閉じるときの臓器をぎゅうぎゅう詰められる感じがしんどかった

○執刀医の先生はアシスタントのベテラン先生にいろいろ教えてもらいながらオペしていた

○出てきた子がやっと泣いて写真を撮ってもらった。私はセリフいわされてるような感じでかわいい、かわいいと言って泣いてた

 

 

☆何か質問等あれば、お気軽にコメント欄やツイッターの質問箱をご利用ください☆

表現することと日々の生活

 

 

下の子と眼科、晩ご飯の用意、下の子の昼寝の寝かしつけ、終わり。

上の子の迎えまでが自由な時間!

散らかった部屋、たためていない洗濯物、洗えていない食器、角川俳句、俳句を作るとか言っていた自分。

何からするか迷ってブログを書いています…

俳句作ってお迎え15分前から出来るところまで家事をすると決めた。

 

俳句ポスト365、兼題「色鳥」私選

人選句の中から気になった句をまとめさせていただきました。

不定期で挑戦中です。

 

色鳥は色が八割鳥二割
蟻馬次朗

色鳥やパパと見たんとちゃうやつや
司啓

色鳥の一斉に向く眼が硝子
クズウジュンイチ

色鳥や祖母のなまえの美容室
さるぼぼ@チーム天地夢遥

色鳥やクロワッサンがサックサク
シュリ

色鳥も疲れた顔をするのだな
塩豆

色鳥や古墳を作るコツは腰
瓦すずめ

色鳥や凸凹しているのも私
松浦麗久
色鳥が生きろと鳴いたので生きる
松浦麗久

色鳥やなんでもない日おめでとう

色鳥ちょちょちょちょちょマフィンふぁふぁふぁふぁふぁ
堀口房水

頑張るのやめた色鳥寄つてきた
どかてい

色鳥に騙されさうな夫をもち
Kかれん

色鳥来計算カードめくる朝
さな(6才)

いろどりやくがつうまれのそらだから
とうい(4さい)

色鳥や制服雑に着て帰る
ふくろう

色鳥やさかあがり台の端をけり
むらさき(6さい)

色鳥来赤子は餅のごと眠る
ゆすらご

色鳥やひとつポケットあけておこ
温湿布

色鳥や対価に金のひとにぎり
小田寺登女

色鳥や絵の具はたった十二色
蒼鳩

色鳥やつるんつるんの茹で卵
姫山りんご

色鳥や自薦他薦は問いません
北村 崇雄

色鳥や3000円のイカフライ
油揚げ匠己

色鳥群がるハーレーダビッドソン
彼方ひらく

色鳥やクレヨンの黒長いまま
雷紋

俳句ポスト365、兼題「色鳥」結果

俳句ポスト365、兼題「色鳥」の発表がありました。
結果発表|俳句ポスト365


選の皆さま、おめでとうございます!
今回の兼題「色鳥」は、身近なようで馴染みのない本意を掴みにくい難しい兼題でした。
皆さまのさまざまな発想に今回も勉強させていただきました!
当たり前なんですが、素人なので当たり前の気づきを。

・無花果に比べると生なましい表現は少なく感じました。
・秋の季語であり、渡ってくる鳥であるからか、哀愁やノスタルジーを感じる表現が多いように思いました。
・色から離れた取り合わせ、または色にクローズアップするなら一歩踏み込んだ表現。


私の結果は↓こちら。

今日の発表では、一阿蘇さんお一人だけ3句選でした。

普段は天地人(2句選)人(1句選)並没という評価になっています。
人1~2句+天or地という場合もあります。
今回も人2句選上位お名前の方々が名簿順でなくかつ金曜日常連の皆さまなので、天地フラグと思ってしまいますね!


今回、私は人一句でしたが、量産二物衝撃句ではなく、動画を見て作句した一物仕立ての写生句を採っていただけたのですごく嬉しい結果です。
(追記、色鳥は総称なのに完全に一羽を描写しています。人選にしてくださってありがとうございます、涙)
投句した句を今見返すと、なんでこれ送るかな…ひどすぎる…という句も多数でした。
ただ、今回の水曜日の正人さんのコメントを読んでも、自然と自選する日は来るかもしれないがまずは全部ウェルカムと、何度でもメッセージを下さっているので、多数の投句を続けたいと思います。


次回締め切りは重ね着。
今回も、炬燵に続き真剣にふざけた句をたくさん作っています。
ご庶民的な兼題はこれは類想だろうな、というのがわかるので、はずしやすくて私は好きです。それが評価されるかどうかはもちろん別ですが…!
やけくそ二物衝撃の句と、類想っぽいけど実感の句をそれぞれ量産しています。


↓こちらは息子ゆいのすけの一句。これを投句していたとは忘れていました。
親バカ句ですね、かわいすぎるやろ!

今回は仲良く二人とも一句人選でした。
ありがとうございました!


↓こちらは過去の結果のまとめ


 

簡単に攻撃的になる

そんなこんなでちちんぷいぷいを見ていたら、安田さんのニュースも取りあげられていました。

立岩さんhttps://news.yahoo.co.jp/byline/tateiwayoichiro/

がジャーナリストの現状を話し、彼をバッシングすることは絶対にやめていただきたいと話していました。

 

そして、この記事。

正直なところ、この数年間私もバッシング側の意見に賛同してました。

誰かの、自分がよく知らない世界の行動や言動を悪と決めつけることが快感なのはなぜなんでしょうか?

恐ろしくて、バッシングする人を批判する気になれないです。

 

~~~

なかなかのペースで更新してますがもうすぐ落ち着くと思います。

目を休ませるべきなんでしょうが逆にスマホばかりさわってしまう〜〜

やけくそ〜〜

実はドイツで一年暮らしたことがある

学生の時の交換留学制度で、ほとんどドイツ語も英語も話せないのにドイツに住ませてもらってました。もう15年前です。元東ドイツの小さな町でした。

シュトゥットガルト女子の会の皆さんのエピソード等、その頃を思い出しつついつも興味深く読ませていただいています。

もう15年、いろいろ変わってるのだろうな。

子育て落ち着いたら旅行で訪れたいです。

 

ドイツの時間の流れ方が好きでした。学生だったし、スマホもマイパソコンもなかったことも今となってはよかったです。

日本語に飢えて、本をよく読んだなあ。

セントラルヒーティングが神でした。日本の冬の室内の方が寒くて辛いです。

 

 

ドイツにいた頃、言葉が分からなさすぎて日本語さえ通じれば何でも頑張れると思ってました。

今は、母語日本語同士でも自分は意思疏通が下手であると思う日々です。